第二新卒可の九州の求人

九州求人TOP >> 条件別の九州の求人 >> 第二新卒可の九州の求人

第二新卒可の九州の求人

日本の大企業は新卒を一括採用して、そのまま育て上げていくケースが多いですが、最近では第二新卒まで入社試験の参加を認める企業が増えてきました。 九州の企業も同じで、第二新卒可の求人が増えてきているのです。そこで今回は、第二新卒でもチャレンジできる九州エリアの求人チェック方法を考えたいと思います。

■大手の第二新卒可の求人情報を探したいなら転職支援サービスがベスト
「仕事を探そう」
と思ったとき、誰でもフリーペーパーやハローワークなどを頼ると思いますが、大企業で第二新卒のチャンレンジを認める会社の求人を探したい場合は、転職支援サービスを利用するといいです。

ハローワークは基本的に地元の中小企業の採用ニーズが集まるので、大手を希望する場合は物足りなさを感じるかもしれません。フリーペーパーは、ハローワークや転職支援サービスのように人的なサポートが受けられません。履歴書作成や面接対策を自力で行うはめになります。自分1人で対策を練っているとなると、どうしても不利になります。

一方で転職支援サービスの場合は、ハローワークと違って大手の仕事が集まっています。その上、登録をすればキャリアコンサルタントがいろいろな側面から助言を与えてくれます。第二新卒で大手を希望する人は、転職支援サービスの利用が欠かせません。

■幾つかのサービスを平行して利用してみる
転職支援サービスとはそもそも、民間版のハローワークのようなサービスです。「リクルートエージェント」や「DODA」、「type」など複数の企業がサービスを運営しています。登録も利用も完全に無料で、九州に本社を置く企業、あるいは九州の支社や支店で人材を募集している大企業の第二新卒求人をチェックできます。

登録をすると、専属のキャリアコンサルタントが求職者1人1人に割り当てられます。希望する企業の採用傾向を見ながら、履歴書作成や面接対策などもしてくれるので利用価値は高いです。

ただ、A社が「リクルートエージェント」に求人情報を出していても、「マイナビエージェント」には求人掲載をしていないというケースもあります。逆もしかりです。 ハローワークのように全ての求人が独占的に集まるようなサービスではなく、民間各社がしのぎを削って求人を取ってきている状況なので、転職支援サービス1社に限定して利用していると、最高の求人を見逃すリスクはどうしてもあります。

可能ならば幾つか転職支援サービスに同時登録し、ハローワークにも登録をして、すき間のない情報網を確保しながら就職・転職活動を行ってください。その方が、第二新卒可の求人もたくさん集まってきます。


Copyright (C) 2016-2018 九州に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.